白ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


白ワインのブドウ品種 ~モスカート~

ブドウ品種「モスカート」について

ワインの原料として有名なブドウ品種「モスカート」は、生で食べる用途としても人気があります。モスカートの原産地はギリシャとされていて、昔から存在するブドウ品種なのですが、同じモスカートでも白ワインに適したブドウから赤ワインになるような果皮が黒いものまで、幅広い系譜が存在します。

なお、日本でよく耳にする「マスカット」とは、イタリアで栽培されているモスカートの別名で、スペインでは「モスカテル」、ポルトガルでは「ムスカテル」、フランスでは「ミュスカ」と呼ばれていて、各国によって様々です。このように世界中で栽培されているため、一説ではほとんど全てのブドウ品種がモスカートだともいわれています。また、モスカートは甘口ワインの原料となることが多いですが、大きく3通りの醸造方法が用いられています。まず、ひとつめは一般的なスティルワインを造る方法で、マスカットらしい甘い香りがあり、アルコール度数が低めで飲みやすいライトボディです。次に、2つ目は干しぶどうの形状に変えてから醸造する方法で、ゴールドや琥珀の色になり、アルコール度数が高めで香りが強いデザートワインに仕上がります。

これらはイタリアの南部やシチリア島などでさかんに造られています。3つ目はスパークリングワインにする方法で、マスカットの甘い香りをストレートに残したようなタイプのワインとなり、イタリアで品質の高いものが数多くあります。他には、フランスのアルザス地方で造られている辛口の白ワインやミュスカを使用した甘口酒精強化ワインに加え、チリやカリフォルニアでもテーブルワインが数多く造られています。さらに、食用でも世界中で栽培されていて、日本では「マスカット・オブ・アレキサンドリア」がよく食べられている品種です。また、乾燥させてレーズンとして食べても美味しく、イタリアのパンテッレリーア島で造られている天日で乾燥した完全無添加の干しブドウなど、名品が多数存在します。

一覧に戻る