赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~テンプラニーリョ~

テンプラニーリョのワインについて

テンプラニーリョは、スペインのリオハ地方で栽培されている黒ブドウ品種で、主に赤ワイン用のブドウとして使われています。

テンプラニーリョの栽培地

スペインワインには欠かせないブドウ品種のため、スペイン全土で栽培されていますが、特にリオハ地方で栽培されているものが有名なこともあり、リオハワインに多く使われています。テンプラニーリョは、早熟という意味を持っており、他の品種よりも早く熟す特徴を持っているので、9月中旬頃から収穫が行われています。リオハ地区は高地になるため、スペインの寒い地域でも育てやすい品種になっています。

テンプラニーリョから作られるワインの味わい

テンプラニーリョから作られるワインは、深い赤色をしており、紫色を帯びたガーネットになっています。繊細で芳醇な香りがするものの、カベルネやソーヴィニヨンに比べると香りは少な目で、酸味が比較的強めになっています。タンニンは少ないものの、アルコールは少し高めのものが多いです。長期熟成されたものの方が人気が高いため、樽香やなめし皮、ドライフラワーなどを思わせるような香りを持っているものが多いです。テンプラニーリョは、スペインワインのためスペインを代表する生ハムとの印象が素晴らしく、その後に肉料理との相性も良いです。

一覧に戻る