赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~ピノ・ノワール~

ワイン用ぶどうピノ・ノワールについて

赤ワインの代表的なぶどうの品種としてピノ・ノワールがあります。フランスのブルゴーニュ地方をはじめとして、アメリカのカリフォルニア州、ニュージーランドなどにおいても栽培・醸造が行われています。比較的涼しい気候を好む品種で、日本でも栽培・醸造が行われています。

ピノ・ノワールのワインの特徴

ピノ・ノワールのワインは、比較的明るめの色をしており、加えて飲み口も軽いものが多くなります。メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンなど重めの味わいの品種を好まれる方にすると、少し物足りない印象を与える可能性もあります。ピノ・ノワールの味わいは果実味が豊かで、酸味のある味わいが特徴になります。ベリー系の香りがあり、甘酸っぱい味わいのチャーミングなワインであると言うことができるでしょう。栽培地域によっても味わいが異なり、寒い地域では控えめな、暖かい地域になってくると、果実味がより強調され酸味が減りやや陽気な性質を持ったワインに仕上がります。

ピノ・ノワールに合う料理

ピノ・ノワールに合わせやすい料理としては、肉系の中でも比較的さっぱりした味わいのものを合わせたほうが良いと言えます。テリーヌやローストビーフ、生ハムなど味付けがこってりしていないものが相性がよいと言うことができます。

一覧に戻る