赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~ネロ・ダヴォラ~

ネロ・ダヴォラをブドウ品種に採用したワインの味わい

ネロ・ダヴォラは、赤ワイン向けのイタリアのシチリア島で非常にたくさん栽培されているブドウ品種の1つになります。イタリアの西南の方の地中海にある島で栽培されているため、海水も非常に綺麗です。そしてこのブドウ品種を使ったワインはしっかりと甘いフルーツの香りが感じられて、ほのかにスモーキーで甘い後味があるのが特徴になります。またこのブドウ品種の品質が高いワインは黒胡椒や赤いフルーツ、甘草やスパイスケーキの香りがすることが多いです。ワインの料金の相場は、1本あたり700円から5千円ほどとなっています。

ネロ・ダヴォラは、非常にコクのあり熟した豊かな果実味があり、重みが口の中で充分に感じられ強い渋みと酸味を感じることが可能です。アルコール度数は、およそ12.5パーセントから14.5パーセントほどになっていることが多くなっています。

リーズナブルな価格でネロ・ダヴォラをブドウ品種に採用したワインを楽しむのであれば、パルヴァ・レス・ネロ・ダヴォラを選ぶのが良い方法です。パルヴァ・レス・ネロ・ダヴォラはリーズナブルで、熟成させる工程を経なくても美味しく味わうことが出来ます。飲む前にデキャンターに入れて少なくとも、およそ1時間ぐらい置いておくともっと美味しく味わうことが可能です。ネロ・ダヴォラが持っている胡椒のようなスパイシーな香りは、およそ1時間ぐらいデキャンタージュすることによって、滑らかな味わいになります。

最初にブラックチェリーやラズベリー、レーズンのような香りがして次になめした皮や粘土のような香りがしてきて最終的に薪の煙やチョコレートのような風味がするのです。美味しく飲むためには大きな赤ワイン用のグラスで、およそ16度から20度ぐらいの温度にしておくのがおすすめとなります。牛テール肉を使ったスープやベーコンハンバーガー、大麦が入ったビーフシチューなどの料理がネロ・ダヴォラのワインに合うのです。ジビエなど肉がメインの料理もネロ・ダヴォラ特有の甘く華やかなフルーティーさを引き出します。

一覧に戻る