赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~マスカット・べーリーA~

マスカット・べーリーAは世界が認めた日本産黒ぶどう

マスカット・べーリーAは、ぶどうの品種の一つです。ワインの原材料として、日本で二番目に多く使われています。しかし、醸造用として使われるだけなく、生食用としてもマスカット・べーリーAは食べられています。

日本各地で栽培されている

そのため、原産地である新潟県やワインの醸造用として山梨県で栽培されるだけでなく、山形県や島根県、岡山県などなど、日本全国各地で栽培されている品種です。
ですから、マスカット・べーリーAの日本での生産量は、赤ワイン用としては最大です。
初めて醸造用の日本産黒ぶどうとして世界でも登録され、日本を代表する品種にもなっています。

マスカット・べーリーAの特徴

マスカット・べーリーAの特徴としては、房と粒が大きいのに皮は薄めで、いちごのような甘い香りがします。スッキリとした穏やかな渋みがあるのも特徴で、ワインにすると明るい赤色にもなります。マスカット・べーリーAに合うのは、サッパリとした鶏肉や白身魚です。
根菜類や醤油で味付けした食べ物にも合うので、和食に合うワインと言えるかもしれません。

ワインが苦手な人にもおすすめしたい品種

キツい渋みがないので、ワインが苦手な人でもマスカット・べーリーAなら、飲みやすく感じるでしょう。マスカット・べーリーAは様々なワインの原材料となっているので、好みの一本が見つかるはずです。

一覧に戻る