赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~メルロー~

代表的な赤ワイン、メルローとは

メルロー(Merlot)は、フランスのボルドーを発祥地としており、カベルネ・ソーヴィニヨンとトップの座を争うほどのポピュラーな黒ブドウ品種の一つで、代表的な赤ワイン用のぶどうの品種になります。

日本での栽培

日本では山梨県や長野県などでも気候があっているため、メルローのワインが作られています。
ぶどうの王様と呼ばれるカベルネ・ソーヴィニヨンと合わせて栽培されることが多いのですが、こちらが湿度が高くて涼しい気候を嫌うのに対して、メルローは湿度が高くて涼しい気候を好む傾向があります。

メルローの風味の特徴

味は酸味が低くてタンニンの美味しさを感じることが出来ます。
まろやかで飲みやすいのでワイン初心者にもおすすめです。
軽い種類から重い種類まで幅広い商品が流通しており、若くても美味しいのが特徴です。

赤ワインへの入門ワインとしてもおすすめ

若いワインは年数がたったワインよりも安い値段で手に入れることが出来るため、他のものに比べても比較的安い値段で飲むことも可能です。通常の赤ワインの酸っぱさや渋さが苦手な人は、赤の入門編としてメルローを試すことをおすすめします。
熟成期間が短くても美味しいものが作れるというメリットがあるため、コンビニなどでも比較的安値で購入することが可能です。

一覧に戻る