赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~グルナッシュ~

グルナッシュのブドウ品種の特徴について

グルナッシュのブドウ品種は、樹勢が強く暑くて風が強い場所で良く育ちます。気候や土壌に合うと特別な手入れをしなくても済んで果実が付き、摘果などの手入れをすることで優れたワインになります。特徴は発芽が早く長い成長サイクルを経て高い糖度を得て、南フランスの甘口ワインの原料として使用されています。特に個性の強いスパイシーな黒ブドウとブレンドされることが多く、しっかりした長期熟成可能なワインで、ジューシーな味わいとライトな味のワインまで幅広くあります。また実際に飲んでみると口当たりが比較的にソフトで、酸味が強いがタンニンが柔らか渋みも穏やかで比較的に飲みやすいです。キノコなどに似た独特の泥土の様な風味もあり、若い段階の赤い果実やプラム・白コショウなどのスパイスなアロマを持っています。熟成させるに従ってモカ・チョコレート・タバコ・なめし革を思わせるアロマを生み出し、シラー種とも相性が良く、よくブレンドに使われます。

スペインからピレネー山脈を越えてフランスのラングドッグ・ルーション地方にまで伝わり、そこから世界に広まって現在で最も多く栽培されている品種です。グルナッシュの主な原産地はイタリア・フランス・スペインなどの幅広い地域で栽培され、スペインでガルナッチャと呼ばれています。ガルナッチャは本来宝石のガーネットではなく、ワインの明るい朱色を帯びた色をしていることから由来が来ています。赤ワイン以外にもロゼワインの原料でもあり、ブドウ自体の糖分が多い為にグルナッシュのブドウ品種で作ったワインはアルコール度数が高くなるのも特徴の1つです。様々なワインに使われているガナッシュだからこそ、手にとる機会も多く初めての方にもお勧めできます。少しアルコール度数が高いので、お酒に自信の無い方や初めて飲む方は味が薄くて飲みやすく感じるので少量ずつ飲んで行くと良いです。気になる方は低価格から購入が出来ますので、試してみて下さい。

一覧に戻る