白ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


白ワインのブドウ品種 ~リボッラ・ジャッラ~

ブドウ品種のリボッラ・ジャッラについて

リボッラ・ジャッラは単にリボッラと言われることもある、イタリア原産のブドウ品種です。用途は主に白ワインで、イタリア北東部にあるフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州において、最も栽培されているといわれます。ブドウ品種としてはスロベニアでも有名で、同国内ではレブーラという名前で知られています。フリウリではロザッツォとゴリツィア、スロベニアではブルダ市で、それぞれリボッラ・ジャッラが広く栽培されている傾向です。
フリウリにはもう1つ、リボッラ・ネーラというブドウ品種がありますが、こちらは赤ワイン用のブドウで直接的な関係はないです。

また、知名度の低い品質が劣る突然変異種のリボッラ・ヴェルデについては、使用に適さない為あまり使われることはないといえます。リボッラ・ジャッラの名前は、1200年代の書類の中で登場していて、この当時から既に栽培が行われていたと見られます。14世紀においては、詩人が貧食を避難した際にリボッラ・ジャッラの名前を出したとされています。
更に、このブドウ品種のワインは当時高く評価されていたので、リボッラ・ジャッラが歴史ある品種なのは間違いないです。
18世紀には地域で活躍した医師が、リボッラ・ジャッラをフリウリ最高の白ワインと評価しました。
1990年代に入ると、原産地統制呼称の普及によってワインの呼称ルールが厳しくなり、その結果名乗ることができるワインは1%に満たなくなっています。

しかし、21世紀にはフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のワインに注目が集まり、ニーズが高まったことで植栽量の増加に至ります。リボッラ・ジャッラはやや重くドライで切れもあり、フルーティーさも同時に味わえるワインが多いです。
魚介系のさっぱりとした料理との相性が良好ですし、揚げ物は油分を洗い流すので、こういった料理に合わせるのも良いでしょう。それに、ハーブを感じる味わいがありますから、香草焼きなどの料理とも相性が抜群です。

一覧に戻る