赤ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


赤ワインのブドウ品種 ~ガメイ~

ボージョレヌーヴォーに使われるぶどう品種、ガメイ

ガメイとは、フランスブルゴーニュ地方ボージョレ地区を中心に栽培されている赤ワイン用ぶどう品種で、日本では毎年11月第3木曜日に販売解禁となるボージョレヌーヴォーに使用する品種として知名度の高いぶどう品種です。

日本では軽視されがちなガメイ

このぶどう品種の特徴は、皮が薄いため、この品種から造られるワインは色が薄く軽やかな印象のワインが多く造られます。ボージョレ地区以外にもフランスロワール地方などでも栽培されています。日本ではボージョレヌーヴォー用のぶどうとして有名でガメイ種を軽視する傾向が多いですが、そのポテンシャルは非常に高く、しっかりと栽培すればガメイ品種でなければ出ない個性が出ます。

実はポテンシャルの高い品種

ガメイから造られるワインは色合いは淡く、ストロベリーやザクロ、ラズベリーのような赤い果実を想わせるチャーミングな香りが印象的で、渋味は弱く、フレッシュな酸味が印象的な辛口ワインになることが多いぶどう品種です。ガメイは基本的には他の品種とブレンドせず、単一品種でワインを造られることが多いですが、フランスブルゴーニュ地方やロワール地方の一部ではピノノワール種などとブレンドすることもあります。一般的には長期熟成型ではなく、早飲み用のワインに仕上げられます。

一覧に戻る