バルバレスコ


【生産者】ガイア

イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガイア。ガイアの歴史は、17世紀半ば、ガイア・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガイア氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。

ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設。2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガイアスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。
そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァン二氏の代に、現在もガイアのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。

そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック博の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。
現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。

また、1990年代には本拠地のピエモンテだけではなく、トスカーナ州にも二つのワイナリーを購入。
現在、ピエモンテには250エーカー、トスカーナには67エーカーの畑を持ち、両方の産地から世界的高評価受けるワインを数多く造り出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

14の最優良区画のブドウ畑から収穫されたネッビオーロを使用。ブドウは畑ごとに別々に発酵、マセラシオンを行い、12ヵ月の熟成の後ブレンド。さらに12ヵ月間オーク樽での熟成を経てリリースされます。

【コメント】

グラスに注ぐとチェリーやプラム、ブルーベリーの果実香が広がりながら、バラや黒コショウ、スパイスなど、実に様々なニュアンスが幾層にも折り重なっています。口に含むと豊富な果実味と柔らかいタンニンが感じられ、程良い酸が見事に調和した仕上がり。上品な果実のフレーバーを帯びながら、魅惑的な余韻が続きます。温かみのある飲み心地がありつつ緻密なストラクチャーを兼備したそのスタイルは、長期熟成のポテンシャルに優れた逸品です。

産地 イタリア北部 (ピエモンテ)
生産者 ガイア
タイプ 赤ワイン
品種 ネッビオーロ
容量 750ml
20,080 (税別)
数量を選択

未成年者への酒類販売はいたしておりません。