オルトレポー パヴェーゼ メトド クラッシコ ピノネロ ロゼ クルアゼ
オルトレポー パヴェーゼ メトド クラッシコ ピノネロ ロゼ クルアゼ

オルトレポー パヴェーゼ メトド クラッシコ ピノネロ ロゼ クルアゼ

美しいサーモンピンク、オルトレポーのピノ・ネロで造るエリアの代表的なスパークリング。赤果実の上品さと厳格さが表現されています。

数量

在庫在庫有り

販売価格¥3,080(税別)

(税込¥3,388)

生産者
テヌータ マッツォリーノ
生産地
タイプ
品種

商品詳細

【生産者】テヌータ・マッツォリーノ社

ミラノ近郊、オルトレ・ポーに位置するマッツォリーノは、イタリアを代表するワイナリーとしてその名が知られています。美しいパヴィアの街と葡萄畑を見晴らすコルヴィーノの丘に19世紀のお屋敷を構えるテヌータ・マッツォリーノ。

フランス家系のブラジョッティ家の当時の当主、エンリコ・ブラジョッティは、国を超えて散らばっている大家族が常に集まれる場所を求め、1980年にオルトレ・ポーで“マッツォリーノ(=出会いが生まれる舞台)”を意味するこの地にたどり着きました。そこで家族が集うテーブルに美味しいワインが溢れるように、という思いでテヌータ・マッツォリーノを立ち上げます。

オルトレ・ポーDOCは、ミラノから南に約30分、長い歴史の中でフランスと縁のある土地です。そして古くからフランス由来の葡萄品種であるピノ・ネロやシャルドネが耕され、ミラノ人たちの食卓を潤わせ続けると同時に、隣のピエモンテがスプマンテの産地として発展してからは、ピエモンテにピノ・ネロを供給する産地としても位置づけられてきました。そうしたことからか、ピエモンテの更に田舎の風景を思い起こさせるオルトレ・ポーは、“Vecchio Piemonte(=古き良きピエモンテ)”とも呼ばれています。

【格付け・VT】

DOCG・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

8月上旬に収穫。18-20℃でアルコール発酵後60か月間澱と瓶内熟成。

【コメント】

美しいサーモンピンク、オルトレポーのピノ・ネロで造るエリアの代表的なスパークリング。赤果実の上品さと厳格さが表現されています。サーモンや生ハムのサラダ、和食、牛肉のステーキまで幅広く楽しめるスプマンテです。