アルテニ ディ ブラッシカ


【生産者】ガイア

イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガイア。ガイアの歴史は、17世紀半ば、ガイア・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガイア氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。

ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設。2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガイアスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。
そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァン二氏の代に、現在もガイアのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。

そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック博の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。
現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。

また、1990年代には本拠地のピエモンテだけではなく、トスカーナ州にも二つのワイナリーを購入。
現在、ピエモンテには250エーカー、トスカーナには67エーカーの畑を持ち、両方の産地から世界的高評価受けるワインを数多く造り出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

バルバレスコとセッラルンガに位置する、西から北西、東向きの計約3.5haの畑のブドウで造られます。16~18度に温度管理されたステンレスタンクで約4週間かけて発酵し、バリック樽で6ヵ月間熟成。この間にマロラクティック発酵を行います。

【コメント】

ガイアが造るワインの中で最も生産量の少ない、稀少な白ワイン。輝きのある麦わら色。柑橘類や白桃、メロンなどのエキゾチックな果実香に、白い花、セージ、牡蠣の殻や白い石を砕いたようなミネラル感のある複雑なアロマが香ります。口内に柔らかく広がる、フレッシュな酸味と調和した濃縮感のある果実味。とろけるような果物や白いバラを感じさせる余韻が長く続きます。ピュアで気品に満ちたスタイルの1本です。

産地 イタリア北部 (ピエモンテ)
生産者 ガイア
タイプ 白ワイン
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
容量 750ml
10,080 (税別)
数量を選択

未成年者への酒類販売はいたしておりません。