バローロ ヴィーニャ ドゥラ ロウル ロッケ・デイ・マンゾーニ
バローロ ヴィーニャ ドゥラ ロウル ロッケ・デイ・マンゾーニ

バローロ ヴィーニャ ドゥラ ロウル ロッケ・デイ・マンゾーニ

数量

在庫在庫有り

販売価格¥9,400(税別)

( 税込¥10,340 )

タイプ
生産者
生産地
品種
サイズ
750ml

商品詳細

【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ社

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

石灰質土壌。樹齢35年以上。14~21日間かけてマセラシオンとアルコール醗酵を行い、フランス産225リットルのバリックの新樽でマロラクティック醗酵。48ヶ月以上の樽熟成、12ヶ月以上の瓶内熟成を経てリリース。

【コメント】

スミレの花の芳しさに、煮詰めたプラムのジャムのような豊かさ、枯葉、レザー、スパイスが複雑に絡み合うブーケがグラスから立ち上ります。飲むと熟れた果実感とタンニンの美しいハーモニーが形成されています。深く落ち着いた味わいの芯に感じるパワーと深さは長期熟成の賜物。赤身肉やジビエ、鴨肉のグリルと非常に良く合います。