オスコ ビアンコ マグナムサイズ

4955069002174
【生産者】カンティーナ・ディ・クリテルニア社

カンティーナ・クリテルニアは、風光明媚なアドリア海のそよ風を受けるモリーゼに位置します。海岸沿いの恵まれた気候で育った葡萄からは、自然の滋味豊かでピュアなスタイルのワインが造られています。ワイナリーは近代施設を有し、その1,100haに及ぶ穏やかに起伏した斜面は、葡萄とオリーブの栽培に理想的な環境となっています。

かつてはそのコストパフォーマンスに優れた品質によりイタリア国内をはじめとして、世界各地の重要なボトラーにバルク売りされることが多かったクリテルニアのワインですが、近年、自分たちの造るワインのポテンシャルに気付き自社ボトリングでの販売が増加しています。I.G.T.ワイン「オスコロッソ」と「オスコビアンコ」はその中でもとびきりコストパフォーマンスに優れたワインです。レストランのハウスワインとして、またご家庭のお食事に合わせて気軽に楽しめるデイリーワインとしても、ご好評を頂いているベストセラーワインとなりました。今後の発展から目が離せないワイナリーのひとつです。

【格付け・VT】

I.G.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンクで熟成。

【コメント】

淡い麦わら色。洋梨や黄色いリンゴのフレッシュな果実香。柔らかな酸味と、果実味豊かでフレッシュな味わいを楽しめるワインです。


ローマ ビアンコ

80516657349
【生産者】フォンタナ・カンディダ

フォンタナ・カンディダ社は、1958年創業で、ラツィオ州ローマ県モンテポルツィオ・カポーネに位置しています。
「法王のワイン」と呼ばれるフラスカーティはローマを代表する白ワインで、なかでもフォンタナ・カンディダ社は最大の生産者であり、その名は全世界に知られています。
気軽に楽しめるフラスカーティ・ワインのよさを最大限に表現する実力には定評があります。

97haの畑に、生産本数8,000,000本のブドウが植えられており、優れた白ワインを生み出している、フラスカーティ地区最大のワイナリーです。
フォンタナカンディダ社醸造責任者(エノロゴ)マウロ・メルツ氏は、ワインは、単なる飲み物ではなく文化である、という思いから、ワインの価値を高めるためのワイン醸造を行っており、厳選したブドウ果実を使い、丁寧に醸造することによって、テロワールを表現したワインを造ることができる、と考えています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

低温で12時間のマセラシオン後、ソフトプレス。15~18℃で2~3週間発酵後、低温のまま澱と共に4ヶ月間静置

【コメント】

淡く、緑がかった明るい黄色。 繊細な花とフルーティなアロマが広がり、なめらかでバランスのとれた味わい。
デリケートな心地の良いアロマが感じられる白ワイン。