アントス

4560450073956
【生産者】マッテオ・コレッジャ

1987年にワイン造りを始めたマッテオ・コレッジアは、ロエロを赤ワインの産地に変えた先駆者として知られています。

当時、ランゲの造り手に葡萄を供給するのが役割だったロエロでは、主にアルネイスが栽培されていました。そんな中マッテオはブルゴーニュへ視察を行ったことをきっかけに、軽さと複雑さを併せ持つテロワールの共通点を見出し、ロエロの可能性に自信を深めます。そしてロエロでネッビオーロやバルベーラの高品質ワイン造りに挑戦し、ロエロから芳香豊かな赤ワインが生み出されるようになったのです。

2001年開墾作業中の事故でマッテオは帰らぬ人となりましたが、現在では婦人のオルネッラを中心にマッテオの意思を引き継ぎ、ラ・スピネッタのジョルジョ・リヴェッティなどの手助けを得ながら、その独自のスタイルを維持しています。

【格付け・VT】

V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

2~4日間マセラシオン、ステンレスタンクで醗酵。

【コメント】

香りはライチやバラのようですが、ドライな味わいです。少し冷やして前菜に合わせるのがおすすめです。


アントス パッシート 375ml

0000000055178
【生産者】マッテオ・コレッジャ

1987年にワイン造りを始めたマッテオ・コレッジアは、ロエロを赤ワインの産地に変えた先駆者として知られています。

当時、ランゲの造り手に葡萄を供給するのが役割だったロエロでは、主にアルネイスが栽培されていました。そんな中マッテオはブルゴーニュへ視察を行ったことをきっかけに、軽さと複雑さを併せ持つテロワールの共通点を見出し、ロエロの可能性に自信を深めます。そしてロエロでネッビオーロやバルベーラの高品質ワイン造りに挑戦し、ロエロから芳香豊かな赤ワインが生み出されるようになったのです。

2001年開墾作業中の事故でマッテオは帰らぬ人となりましたが、現在では婦人のオルネッラを中心にマッテオの意思を引き継ぎ、ラ・スピネッタのジョルジョ・リヴェッティなどの手助けを得ながら、その独自のスタイルを維持しています。

【格付け・VT】

V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月中旬に手摘みにて収穫、6~7日間マセラシオン、ステンレスタンクにて6ヶ月間熟成を行います。

【コメント】

調和の取れた甘口ワインです。メレンゲなどのデザートとよく合います。