アントス

4560450073956
【生産者】マッテオ・コレッジャ

1987年にワイン造りを始めたマッテオ・コレッジアは、ロエロを赤ワインの産地に変えた先駆者として知られています。

当時、ランゲの造り手に葡萄を供給するのが役割だったロエロでは、主にアルネイスが栽培されていました。そんな中マッテオはブルゴーニュへ視察を行ったことをきっかけに、軽さと複雑さを併せ持つテロワールの共通点を見出し、ロエロの可能性に自信を深めます。そしてロエロでネッビオーロやバルベーラの高品質ワイン造りに挑戦し、ロエロから芳香豊かな赤ワインが生み出されるようになったのです。

2001年開墾作業中の事故でマッテオは帰らぬ人となりましたが、現在では婦人のオルネッラを中心にマッテオの意思を引き継ぎ、ラ・スピネッタのジョルジョ・リヴェッティなどの手助けを得ながら、その独自のスタイルを維持しています。

【格付け・VT】

V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

2~4日間マセラシオン、ステンレスタンクで醗酵。

【コメント】

香りはライチやバラのようですが、ドライな味わいです。少し冷やして前菜に合わせるのがおすすめです。


アントス パッシート 375ml

0000000055178
【生産者】マッテオ・コレッジャ

1987年にワイン造りを始めたマッテオ・コレッジアは、ロエロを赤ワインの産地に変えた先駆者として知られています。

当時、ランゲの造り手に葡萄を供給するのが役割だったロエロでは、主にアルネイスが栽培されていました。そんな中マッテオはブルゴーニュへ視察を行ったことをきっかけに、軽さと複雑さを併せ持つテロワールの共通点を見出し、ロエロの可能性に自信を深めます。そしてロエロでネッビオーロやバルベーラの高品質ワイン造りに挑戦し、ロエロから芳香豊かな赤ワインが生み出されるようになったのです。

2001年開墾作業中の事故でマッテオは帰らぬ人となりましたが、現在では婦人のオルネッラを中心にマッテオの意思を引き継ぎ、ラ・スピネッタのジョルジョ・リヴェッティなどの手助けを得ながら、その独自のスタイルを維持しています。

【格付け・VT】

V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月中旬に手摘みにて収穫、6~7日間マセラシオン、ステンレスタンクにて6ヶ月間熟成を行います。

【コメント】

調和の取れた甘口ワインです。メレンゲなどのデザートとよく合います。


ブラケット ダックイ

4516254001923
【生産者】ジャコモ・ブライダ

創業者のジャコモ・ボローニャ氏はあらゆる面において非凡な人物でありました。幸せを生活の理念とし、多くの人に愛され、機知に富んだエンターテイナーであると同時に天才的な感性を持った醸造家でもありました。ブライダのあるピエモンテ州ロッケッタ・ターナロの丘で多く生産されているバルベーラ種は“酸味が強い”と敬遠され安売りされがちなブドウ品種でしたが、そのバルベーラを畑の改良やバリック熟成の導入などの改革によって濃厚なワインに生まれ変わると信じ現実に導いたのがジャコモ氏でありました。他界した彼のワイン造りへの意思と情熱は息子ジュゼッペ、娘ラッファエッラによって受け継がれ、ブライダへの敬意と信頼、そして人気は世界中で揺るぎのないものとなっています。

【格付け・VT】
D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンクにて、温度管理下、アルコール3度になるまで発酵。マセラシオン36~48時間。耐圧釜で数日かけて発泡させた後、-4℃に冷やして安定させ、フィルターにかけて、瓶詰め。数週間寝かせてからリリース。

【コメント】

明るい赤紫色。生き生きとした口当たりの良い泡。豊かな香りは熟れた赤い果実やブルガリアンローズを思わせ、鮮明でアロマティック。甘くソフトで繊細な味わいの微発泡デザートワイン。アロマティックな余韻の長さが魅惑的。イチゴやベリー類と一緒に、またドライフルーツやクルミヘーゼルナッツ、アーモンド、ピスタッチオ、イチジクにも合う。そして何よりも、チョコレートとの相性抜群。