フランチャコルタ キュヴェ プレステージ

8032727260209
【生産者】カ・デル・ボスコ社

カ・デル・ボスコ社はフランチャコルタのメッカであるロンバルディア州エルブスコにあります。客人を迎えるべく入口にそびえ立つ金色の巨大な門はイタリアの有名彫刻家ポモドーロの手による作品です。

フランチャコルタに370エーカーものブドウ畑を所有。ブドウ樹齢は平均40年。土壌の特徴別に小さく分けられた区画ごとに収穫されたブドウは、ワイナリーまで丁寧に運ばれ最新の技術をもって醸造されます。
一歩足を踏み入れるとその情熱と機能性に心動かされるでしょう。周辺の緑多い環境に溶け込むように設計された建物の中には最新の設備が整えられ、長年の経験により考案された「まったく酸素に触れることのない」「ポンプによるストレスを極限までで抑える」醸造法により、ワインとして生まれ変わります。施設の真ん中にそびえ立つ2基の巨大なタンクが、空中を上下しマストやワインが自重で流れるように調整しています。また石造りの地下バリック庫では温度と湿度が常に管理され、画期的なコルクのスキャニングシステムによりコルク臭のトラブルを極限にまで抑えています。
そして醸造の最終段階に及んだ時、ゆったりとした時の流れと熟練したセラーマンの愛情が、ワインを最高の仕上がりへと導いてくれるのです。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

約25ヶ月間の瓶内2次醗酵。

【コメント】

2008年より新しいノンヴィンテージとしてデビューしたキュヴェ・プレステージ。
今ではすっかりとカ・デル・ボスコの顔となりました。透明のボトルには紫外線を防ぎ、品質を保持するためすべてのためにオレンジ色のUVフィルムがかけられています。134の区画に及ぶ自社畑の厳選されたブドウだけを使用。ブドウは収穫ロットごとに醸造され最高のヴィンテージのリゼルヴァとアッサンブラージュされています。崇高な透明感、心地よいフレッシュ感と酸味が特徴です。


フランチャコルタ ブリュット エモツィオーネ

4560450082910
【生産者】ヴィッラ社

自社畑の葡萄のみを用いて、栽培から醸造、ボトリングまで
すべて自らの手で行い、毎年レストランの予約のみで完売してしまう、知る人ぞ知るフランチャコルタです。

ヴィッラは、古くからモンティチェッリ・プルッサーティ地区で農業を営み、
1978年からフランチャコルタの元詰めをスタートした、歴史のあるワイナリーです。

【格付け・VT】

D.O.C.G・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

自社畑100%、ビオロジックの栽培に取り組むヴィッラのフランチャコルタ。
このスタンダードなフランチャコルタ・ブリュットも単一ヴィンテージで瓶詰めされています。
フランチャコルタでは完熟度合と酸とのバランスが大切と考え、酸度を見ながら収穫。空気圧で軽くプレスしたのち、18度以下で一時発酵。瓶熟30カ月以上。

【コメント】

きめ細かい泡立ち、繊細な酸といったフランチャコルタらしさに加え、葡萄本来の旨みがしっかりと感じられる、自然な栽培による葡萄の力が活きたフランチャコルタです。


フランチャコルタ ブリュット フランチェスコ 1

4562233526574
【生産者】ウベルティ社

18世紀からの歴史を誇る「ウベルティ」は重厚なフランチャコルタを醸す老舗です。ジャック・セロスで働いた娘が加わり、シャンパーニュのリザーヴ・ワインの考え方を導入するなど進化している。 「エスプレッソ誌」が評価するフランチャコルタの造り手3社のうちの一つで、圧倒的シェアを誇る「カ・デル・ボスコ」と「ベッラヴィ スタ」の両巨頭と並んで2ッ星を獲得しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

全ての葡萄は自社畑から手摘みで収獲。ステンレスタンクで発酵後、澱と共に最低36ヶ月熟成された後デゴルジュマン。瓶熟成6ヶ月を経て出荷される。

【コメント】

ベースのワインだが、エルブスコらしい非常にリッチな果実と溶け込んで柔らかい発泡が楽しめる。穏やかで柔らかい伝統的スタイルのフランチャコルタです。</


プリマ キュヴェ フランチャコルタ ブリュット

4907853061782
【生産者】モンテ・ロッサ

「モンテ・ロッサ」は、フランチャコルタワイン協会の初代会長を務めたパオロ氏が経営するワイナリー。1972年の創業で、家族経営の小規模ワイナリーながら、その実力は高く、フランチャコルタのトップワイナリーのひとつとして評価されています。

フランチャコルタ地区の多くの造り手はスパークリング以外にもスティルワインを造るワイナリーも多いのですが、モンテロッサはD.O.C.G.フランチャコルタだけを生産。つまり、「スパークリングワインの生産」だけにワイナリーの力の全てを注いでいます。

ワイナリーのフラッグシップはなんと言ってもカボション フランチャコルタ ブリュット。出来のいい年だけに造られる、ヴィンテージ表示(ミッレジマート)のフランチャコルタ。実に40ヶ月以上の長期熟成を経て生まれます。タバコやスパイスを感じさせる香りは複雑でパワフル。ソフトできめ細かな泡立ちはまるでムースのよう。イタリアで最も権威のあるワイン評価誌『ガンベロロッソ2004版』で年間最優秀スプマンテの栄誉に輝き、その地位を不動のものにしました。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

フランチャコルタの法定熟成年数18ヶ月に対し、約24ヶ月の熟成。ブドウを選別し上質なもの(全体の55%以下の量)をソフトプレス。一次発酵はステンレスタンクと一部はオーク樽で行います。

【コメント】

口当たりの柔らかさ、モレーン土壌の塩味、ミネラル感があり、非常に軽やか。ベースとして飲むには十分過ぎる味わいです。サーモンとサワークリームのクレープ巻き、ロメインレタス、クルミ、スライスしたリンゴを使ったサラダを自家製のサワークリームで、パーティメニューで登場する小さなムース、また酢飯にも相性が良く、難しい組み合わせとされるコハダでも新子(生後4か月位の呼び名)だったら合わせられそうです。白身魚のコチ、カレイをレモン等の柑橘の風味で、ユリ根や白アスパラの天ぷらとも面白いと思います。