ランゲ ロッソ ブリッコ マンゾーニ

51804
【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南と南西向き、海抜350~450mの畑で、土壌は粘土質の石灰土壌に砂。樹齢は30~35年。グイヨ仕立て。9月下旬から10月20日まで手摘みで収穫します。アルコール・マロラクティック発酵は木樽にて行われる。2つの品種は12ヶ月バリックにて熟成後混醸され、大樽にて寝かせます。熟成期間は、樽内で36ヶ月、瓶内で12ヶ月。

【コメント】

濃いザクロ色、乾燥したバラやきのこ、バニラなどさまざまな要素が入り混じっています。柔らかな複雑味、爽やかで伸びやかな酸と豊かな果実味が印象的です。


バルベーラ ダルバ

8022534416753
【生産者】ルチアーノ サンドローネ

大手ネゴシアンで長くセラーの仕事に従事した後、バローロの中心にあるカンヌビの畑を買うチャンスが突然訪れました。最初の収穫は1978年、初めて自ら造ったワインに感銘を覚えました。その後少しずつ畑が増え、毎年造り続けるうち、次第に認知されるようになりました。
ルチアーノと弟のルカは素晴らしいワインを造るために努力し続け、今日、この功績は世界中で認められ、毎年素晴らしい評価を得ています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

畑別に醸造。ステンレス・タンクでマセラシオン9日間、発酵28日間、500リットルの樽でMLF後ブレンドし、同じ樽で12ヶ月熟成、その後9ヶ月瓶熟。

【コメント】

生き生きとしたフレッシュなアロマに満ちています。フルボディでコクがあり非常にバランスが取れています。
オークのヴァニラと混ざり合った果実味が複雑、且つ滑らかな味わいを生み出しています。


ランゲ ロッソ

4560450076469
【生産者】G.D.ヴァイラ

バローロ村の代表的造り手で、多くの醸造家がここで学んで独立していきました。当主のアルド氏は多くの造り手から先生と慕 われる醸造家であり人格者。現在では息子のジュゼッペも醸造に参加しています。当主アルド・ヴァイラ&ミレーナ夫妻は、ピエモンテの生産者だけでなく他の産地の造り手にとっても憧れ的存在の家族経営生産者。アルド氏いわく「ワインは美味しいのは当然で“安全”で“清潔”で“美しい”ものでなければならない」。美しくピュアな味わいを目指す彼のワインは、ピュアで曇りのないワイン。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

18~24ヵ月間、一部をステンレスタンクで、一部は木樽で熟成。

【コメント】

紫がかったルビー色。エレガントで甘いフルーツの香りと同時に花やスパイスの豊かで調和のとれた香りが漂います。


ロザベッラ

4560450066477
【生産者】G.D.ヴァイラ

バローロ村の代表的造り手で、多くの醸造家がここで学んで独立していきました。当主のアルド氏は多くの造り手から先生と慕 われる醸造家であり人格者。現在では息子のジュゼッペも醸造に参加しています。当主アルド・ヴァイラ&ミレーナ夫妻は、ピエモンテの生産者だけでなく他の産地の造り手にとっても憧れ的存在の家族経営生産者。アルド氏いわく「ワインは美味しいのは当然で“安全”で“清潔”で“美しい”ものでなければならない」。美しくピュアな味わいを目指す彼のワインは、ピュアで曇りのないワイン。

【格付け・VT】

V.d.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

通常より早い収穫でフレッシュさ、アロマティックさ、リンゴ酸を残して収穫し、2~3時間のマセラシオンを経てステンレスタンクで発酵。発酵温度は24度以下でフレッシュさを失わないように調整。ノン・マロラクティック。フレッシュさが重要なので春を迎える前にボトリング。

【コメント】

美しいピンク色で、バラのような華やかな香りが広がります。


バルベーラ ダルバ

8032665541552
【生産者】エットーレ・ジェルマーノ

ジェルマーノ家は、バローロでは最もタニックで長寿型のワインが出来る、セッラルンガのクリュとして有名なCerrettaチェレッタに150年前から土地を所有している。
曾祖父フランチェスコ、祖父アルベルトはブドウ栽培を行い、また少量のワイン造りを行っていたが、当時はブドウの販売を主に行っていた。
アルベルトの息子のエットレは父親の仕事と接ぎ木師としての技術を引き継ぎ、同時に1950年代からブドウ畑を植え替え、1haあたり4,000本を下回らないように密植し、Dolcetto , Barbera、Nebbioloなどの土着品種を植樹した。
1993年から実質的に自社瓶詰め・販売を行うようになり、外部からのコンサルタントなしで栽培から醸造にいたるまで全てを管理、自分たちの畑が持つ素晴らしいテロワールを表現したワインづくりを行っている。またネッビオーロのクローンを考慮し、バリックを使いながらもトノーや大樽を併用。伝統的なスタイルを保ちつつ、最新技術も取り入れたワイン造りを行っている

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

このワインに使われるブドウは若い畑のブドウで、ステンレスタンクのみを使って醸造。除梗破砕し、約25℃で7-8日間マセレーション・アルコール醗酵。マロラクティック醗酵のあと4月にボトリングし、6月初旬にリリース。

【コメント】

紫の反射のあるルビー色、フレッシュなフルーツの香り、プルーンやブラックベリーなど。フレッシュで滑らかな心地よい味わい。程よい余韻。


バルベーラ ダルバ ラウラ

67027
【生産者】プリンチピアーノ・フェルディナンド

プリンチピアーノは、1900年代初めから自分たちが所有する畑でブドウを造っていた家族です。1960年に現当主フェルディナンドの父アメリーコがカンティーナを設立。所有する畑はモンフォルテダルバ、セッラルンガダルバの優れた立地の区画でしたが、当初は造ったブドウをチェレット、プルノット、スカヴィーノ、アルターレなどの名門ワイナリーに売っていました。

1997年、フェルディナンドはブドウを売るのをやめ、100%自身のカンティーナでの醸造と瓶詰め、販売に切り替えます。1993年から指導を受けていたカヴィオラのもと、当時主流だったバローロボーイズの流れを受けたモダンな造りのワインで人気を博します。

バローロボーイズの一員としてモダンな造りを続けていたフェルディナンドですが、ワインを売るために世界各地に営業に回ることには消極的でした。ランゲ生まれの自分が何をすべきなのか、何をしたいのかを考えていた彼は、祖父のワイン造り(旧来の伝統的醸造方法)に戻ることが自分のやりたいことだと気付き、大胆な方向転換を行います。2004年にはロータリーファーメンターを売って大樽を購入。畑では化学的なものを排除したオーガニック栽培からビオディナミへと自然な造りへと転換していきます。

醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄します。2012年からは、最も重要な3haの畑ではボルドー液も硫黄も使用せず栽培しています。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行います。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行っていません。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南向きの標高300mの畑に1970年代に植樹したバルベーラです。収穫後、ステンレスタンクで20日間マセラシオン、ステンレスタンクで10ヶ月間熟成させています。

【コメント】

日常消費にぴったりのバルベーラです。ドルチェットより色合いが濃く、香り豊か。アルコールは高すぎず、美しい果実味と特徴的なバルベーラの酸が魅力の、飲み心地のよい一本です。


バルベーラ ダルバ トレヴィーニェ

8032535710828
【生産者】ドメニコ・クレリコ

バローロ・ボーイズのトップ生産者のひとりであるドメニコ・クレリコはパオロ・スカヴィーノと共に凝縮感があり力強いバローロの代表としてマルク・デ・グラツィア・グループをけん引してきました。現在に至ってもその存在感は絶大であり、ロバート・パーカーが5ツ星評価を与えるなどバローロ・ボーイズの枠組みを外したところでも偉大なバローロの生産者として位置づけられています。
1976年ワイナリーを設立。セラーで様々な実験的醸造を行い、他の生産者のワインを試飲し、情報交換を行い、独学にて自らのワイン造りを模索してきました。
彼のワイン造りの指標を決定づけた最も重要な要素のひとつはバリックです。1970年代には大樽のみでワインを造っていましたが、バリックでの醸造を学ぶべく1981年にエリオ・アルターレとともにブルゴーニュを訪問。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティでの試飲では、新樽を使っているにも関わらずバレルサンプルですらオークの味がしなかったことに衝撃を受け、ブルゴーニュから帰るとすぐに樽の研究に没頭、そして1983年にドメニコ初のバリック熟成のワインとなるアルテをリリース。クレリコの代名詞ともいえるバリックを用いるモダン・バローロのスタイルを確立しました。
「ワインの質の90%は畑で決まる」という信条から、情熱的に畑作業に献身し、父親から受け継いだ5haに満たない畑に加え、徐々に買い足したモンフォルテの名だたるクリュから20年以上に渡って見事なワインを造り続けてきました。近年ではマセラシオンの期間を長くしたり、新樽100%での熟成を撤回するなど、どうすれば目指すワインに達することができるかを導き出し、それに適切な方法を常にワイン造りに反映しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

凝灰岩と粘土泥灰岩の混合土壌。仕立てはグイヨ。植樹密度は4200~5000本/ha。雑草が生えないよう畝と畝の間の土を耕し、全ての畑で毎年状態を加味してグリーン・ハーヴェストを行います。モンフォルテにある5つの畑のブドウを使っています。発酵にはロータリー・ファーメンターを使用。フレンチオークバリック&大樽(50hl)で12ヶ月間熟成させます。

【コメント】

初ヴィンテージ1979年。現在ではモンフォルテにある5つの畑のブドウを用いていますが、元々3つの畑のブドウから造られていたため『3つの畑』という意味をもつキュヴェ名が付けられています。
表情豊かに層をなす赤いベリー系果実や花、甘いスパイスの芳香。滑らかでジューシーな果実にエレガントな酸のバランスが素晴らしい。バルベーラの魅力を再認識する非の打ちどころがない贅沢な逸品。


バルベーラ ダスティ

8023587819942
【生産者】カンティーネ・ダミラノ

ダミラノ社はバローロの中でも100年以上の歴史を持つ伝統的なワイナリー。1890年にラ・モッラ村とバローロ村の境に、ジュゼッペ・ボルゴーニョによって創立されました。創立当初の名前は、『ボルゴーニョ』という名前でしたが、1935年にジュゼッペ・ボルゴーニョの義理の息子である、ジャコモ・ダミラノがワイナリーを引き継ぎ、その際に、親戚のボルゴーニョ社と混乱しやすかった事もあり、ダミラノへとワイナリーの名前を変え、新たな歴史を刻むことになりました。

1997年に、パオロ、マリオ、グイドの3兄弟に引き継がれた際、著名醸造家であるジュゼッペ・カヴィオラ氏を醸造コンサルタントに迎え、さらに名声を高める事に成功。2001年にはラ・モッラ村にミシュラン一つ星のリストランテ『マッシモ・カミア』の経営を開始し、伝統的なピエモンテ料理とダミラノのバローロコレクション(豊富なバックヴィンテージ)とを楽しむ事ができるようになっています。

長い歴史がある事の強みは、何といっても多くの優れた畑、区画を所有している事。ダミラノ社は、チェレクイオ(ラ・モッラ村)、ブルナーテ(ラ・モッラ村)、カンヌービ(バローロ村)、リステ(バローロ村)ブッシア(モンフォルテ・ダルバ村)と言った、同業の生産者も羨むほどの畑、それも良い区画を所有しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

温度管理されたタンク内で15日間のマセレーション醗酵、ステンレスタンクにて6ヶ月間熟成。

【コメント】

スミレやチェリーの優しい香りと、軽いスパイス香。バルベーラ特有の芯のある酸味と、ベリー系の風味が心地よく広がる。


バルベーラ ダルバ トレ ヴィーニ

4516254011021
【生産者】ヴィエッティ

ピエモンテ州クーネオ県カスティリオーネ・ファレットにあるヴィエッティ。その歴史は4世代前にまで遡り、初代カルロ・ヴィエッテイが19世紀の中頃にワインの醸造を始めました。

ファミリーネームをブランド名にしたのは20世紀の初頭のこと。初めにMario Vietti(マリオ・ヴィエッティ)が、それに続いてLuciana Vietti (ルチアーナ・ヴィエッティ)の夫であるAlfredo Currado(アルフレド・クッラド)が、自らのワイン畑とブドウを購入して品質の高いワインを造り続けてきました。

そして、ヴィエッティはこの地域においてトップレベルのワイナリーへと成長。アメリカ市場に生産したワインを輸出した最初のワイナリーの一つとなりました。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

スラヴォニアンオーク樽、フランス産バリック、残りはステンレスタンクで計14ヶ月間熟成。3つの畑のブドウはそれぞれ別々に醸造され、ステンレスタンクでブレンド、その後2ヶ月間休ませてから瓶詰め。(ノンフィルター)。

【コメント】

紫がかった色調、熟した赤いチェリーやヴァニラのアロマ。すみれの香りが特徴で、バルベーラ・ダスティに比べやや繊細。弾けるような酸味、ソフトなタンニンが樽熟成の香りと相まって、心地よい複雑さを醸し出す。余韻も長い。


バルベーラ ダルバ ブスケット

8030686000317
【生産者】ルイジ・ジョルダーノ

1930年、ジョヴァンニ・ジョルダーノによって、バルバレスコ村の中心にあるカヴァンナの畑を購入したことによって歴史が始まります。当時は葡萄の栽培のみを行い、収穫した葡萄はネゴシアンに販売していました。

1958年、まだ葡萄栽培が主流だった時代に、息子のルイジ(現当主マッテオの祖父)によって自社での瓶詰めに踏み切り、ワイナリーとしてスタート。2000年には、彼の2人の娘ラウラとシルヴィアと共に経営を開始し、新しい畑を買い足し、年間65,000本の生産量まで伸ばす事ができました。現在ではラウラの息子のマッテオが加わり、3世代で切り盛りをしています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

温度管理されたタンクにて10日程度のマセレーション。その後、4ヶ月間スラヴォニア産の大樽にて熟成。

【コメント】

熟れたプラム、ブラックべリーの香り。伸びやかな酸味、温かさを感じられる味わいです。