バローロ ペルノ

8022467103027
【生産者】オレステ・ステファノ

バローロの中心部にあるモンフォルテダルバの偉大なクリュ ペルノに、カンティーナと自社畑を所有しています。ペルノに植えられているネッビオーロは全てミケのみを栽培。
畑は全てペルノに位置し、高いところで標高600mとバローロの中で最も高い場所に位置しています。樹齢は古いもので80年近く。畑はビオロジックで、必要な場合のみ、最低限の鉛と硫黄を使用。下草は刈らずに自然のままで栽培。熟成は大樽のみを使用した伝統的なバローロですが、醸造設備などは新しいものも取り入れながら、代々受け継がれてきた伝統を守って今日に至ります。
ペルノらしい鮮明で透き通ったデリケートで芯のある深い味わいに感銘する事は間違いないでしょう。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南西向きのペルノに植えられた樹齢最大80年のネッビオーロを10月中旬に手摘みにて収穫。発酵は自然酵母のみでステンレスタンクにて約20日~25日間発酵。マセラシオンは全て手作業。木樽でマロラクティック発酵後、スロヴォニア産の大樽にて約18ヶ月熟成。ボトル内で更に熟成させる。年産約5000本。

【コメント】

美しく澄んだガーネットの色調。ラズベリーの香りと上品なタンニン。偉大なペルノの味わいが全て美しく表現されている。15年~20年の熟成に耐える。


バローロ ペルノ2007

8022467103034
【生産者】オレステ・ステファノ

バローロの中心部にあるモンフォルテダルバの偉大なクリュ ペルノに、カンティーナと自社畑を所有しています。ペルノに植えられているネッビオーロは全てミケのみを栽培。
畑は全てペルノに位置し、高いところで標高600mとバローロの中で最も高い場所に位置しています。樹齢は古いもので80年近く。畑はビオロジックで、必要な場合のみ、最低限の鉛と硫黄を使用。下草は刈らずに自然のままで栽培。熟成は大樽のみを使用した伝統的なバローロですが、醸造設備などは新しいものも取り入れながら、代々受け継がれてきた伝統を守って今日に至ります。
ペルノらしい鮮明で透き通ったデリケートで芯のある深い味わいに感銘する事は間違いないでしょう。

【格付け・VT】

D.O.C.G・2007

【醸造方法】

南西向きのペルノに植えられた樹齢最大80年のネッビオーロを10月中旬に手摘みにて収穫。発酵は自然酵母のみでステンレスタンクにて約20日~25日間発酵。マセラシオンは全て手作業。木樽でマロラクティック発酵後、スロヴォニア産の大樽にて約18ヶ月熟成。ボトル内で更に熟成させる。年産約5000本。

【コメント】

美しく澄んだガーネットの色調。ラズベリーの香りと上品なタンニン。偉大なペルノの味わいが全て美しく表現されている。15年~20年の熟成に耐える。


バローロ ブルテーナ

0000000096553
【生産者】ボッジョーネ クラウディオ

ラ・モッラ村の最も偉大な単一畑ブルナーテ。
チェレット、フランチェスコ・リナルディ、マルカリーニなど約10社の偉大なワイナリーが所有しています。

ボッジョーネは、そのブルナーテにたった2ヘクタールの畑を所有し、多い時でもわずか7,000本の素晴らしいバローロ1銘柄のみ毎年生産しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンク内にて温度管理せずに15~20日間自然酵母のみによる発酵。マセラシオンはバストーネと呼ばれる木製の道具で手作業にて行われます。その後12ヶ月間セメントタンク、2500リットルのガルベロット社製の大樽12ヶ月、ガンバ社製大樽12ヶ月、その後セメントタンクにてストレッチさせボトリング。

【コメント】

2013年はチェリーと非常に繊細で熟したタンニンがあり、素直で落ち着いた風味があります。 大ぶりなブルゴーニュグラスでゆったりとサービスしていただくことをおすすめします。 とても上質なバローロ。


バルベーラ ダルバ スーペリオーレ

8022467103010
【生産者】オレステ・ステファノ

バローロの中心部にあるモンフォルテダルバの偉大なクリュ ペルノに、カンティーナと自社畑を所有しています。ペルノに植えられているネッビオーロは全てミケのみを栽培。
畑は全てペルノに位置し、高いところで標高600mとバローロの中で最も高い場所に位置しています。樹齢は古いもので80年近く。畑はビオロジックで、必要な場合のみ、最低限の鉛と硫黄を使用。下草は刈らずに自然のままで栽培。熟成は大樽のみを使用した伝統的なバローロですが、醸造設備などは新しいものも取り入れながら、代々受け継がれてきた伝統を守って今日に至ります。
ペルノらしい鮮明で透き通ったデリケートで芯のある深い味わいに感銘する事は間違いないでしょう。

【格付け・VT】

D.O.C・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南向きの斜面のペルノに植えられた15列の樹齢30年のバルベーラを、9月中旬に手摘みにて収穫。発酵は自然酵母のみでステンレスタンクにて約20日間、マセラシオンは全て手作業。バリック内でマロラクティック発酵後、1度使用したフランス産バリックにて10ヶ月間熟成。生産わずか約1200本。

【コメント】

紫の入る濃いルビーの色調。 繊細な香りに、バニラとチョコレートを感じさせる複雑な香り。

フローラルなブーケ。


ランゲ ネッビオーロ

8022467103003
【生産者】オレステ・ステファノ

バローロの中心部にあるモンフォルテダルバの偉大なクリュ ペルノに、カンティーナと自社畑を所有しています。ペルノに植えられているネッビオーロは全てミケのみを栽培。
畑は全てペルノに位置し、高いところで標高600mとバローロの中で最も高い場所に位置しています。樹齢は古いもので80年近く。畑はビオロジックで、必要な場合のみ、最低限の鉛と硫黄を使用。下草は刈らずに自然のままで栽培。熟成は大樽のみを使用した伝統的なバローロですが、醸造設備などは新しいものも取り入れながら、代々受け継がれてきた伝統を守って今日に至ります。
ペルノらしい鮮明で透き通ったデリケートで芯のある深い味わいに感銘する事は間違いないでしょう。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南東向きの斜面、10月初旬に手摘みにて収穫。発酵は自然酵母のみでステンレスタンクにて約15日間、マセラシオンは全て手作業で行います。ステンレスタンク内でマロラクティック発酵後、大樽にて熟成。生産はわずか約1500本。

【コメント】

力強く開放的なアロマ。深みのあるガーネットの色調、小さな赤いフルーツのフルーティーな香り。


ランゲ ロッソ ブリッコ マンゾーニ

51804
【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南と南西向き、海抜350~450mの畑で、土壌は粘土質の石灰土壌に砂。樹齢は30~35年。グイヨ仕立て。9月下旬から10月20日まで手摘みで収穫します。アルコール・マロラクティック発酵は木樽にて行われる。2つの品種は12ヶ月バリックにて熟成後混醸され、大樽にて寝かせます。熟成期間は、樽内で36ヶ月、瓶内で12ヶ月。

【コメント】

濃いザクロ色、乾燥したバラやきのこ、バニラなどさまざまな要素が入り混じっています。柔らかな複雑味、爽やかで伸びやかな酸と豊かな果実味が印象的です。


ランゲ ネッビオーロ

93613
【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

約10日間温度コントロールされたステンレスタンクで発酵。バリックにて熟成後セメントタンクにて更に熟成。

【コメント】

さくらんぼなどの赤い果実の香りで、ソフトなタンニンとフレッシュで華やかな味わいが魅力。


バローロ ペルノ ヴィーニャ カッペラ ディ サン ステーファノ

27458
【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南と南西向き。海抜350~450m。土壌は石灰質に青みがかった泥灰土。樹齢は30年。グイヨ仕立て。10月初めの15日間に手摘みで収穫します。マセラシオンとアルコール発酵は2~3週間かけて行い、マロラクティック発酵はバリック新樽にて行う。熟成期間は樽内36ヶ月、追加で6ヶ月卵形セメントタンク、瓶内で最低6ヶ月。

【コメント】

ヴィーニャ・カッペッラはこのワイナリーが誇る最高のブドウ畑。濃い色調のルビー色、香りはサクランボとスミレの香り、奥底にナッツなどの香りも感じる。味は複雑かつ調和の取れた味わいで、力強く、エレガントな果実味がゆっくりと広がります。凝縮感に満ち溢れた味わいで、魅惑的な余韻へとつながっていきます。ピエモンテワインの神髄とも言える逸品です。


バローロ ビッグ ドゥ ビッグ

4523466230379
【生産者】ロッケ・デイ・マンゾーニ

ヴァレンティーノ・ミリオリーニはバローロのワイナリーとしては珍しく、元々ピアチェンツァで有名なレストランを営んでいました。そしてピエモンテでも自分たちのレストラン用にワインを造っていたところ、次第にワイン造りにのめり込むように。素晴らしい好条件を持つマンツォーニの丘が売れ出されるとそれを購入し、レストランは妻のイオランダに任せ、自分はモンフォルテ・ダルバに移り住んで本格的にワイン造りに没頭し始めました。

彼は革新的なワイン造りを目指し、今でこそ珍しくなくなりましたが、バローロに一番早くバリックを導入し、ネッビオーロとバルベーラを混合したワインなどを造りだしました。当時から評判がよく、海外でも高評価を受けていましたが、現地の人々にはまだ珍しいものに映ったようです。その後のイタリアのワイン造りの推移を見てみると彼ヴァレンティーノこそが新たな流れを作り出し、今のイタリアワインの地位確立を担った一人であるといえるでしょう。

彼の死後は、息子のロドルフォへと世代交代しましたが、先代のころと変わらぬ体制を受け継ぎ、息子ロドルフォも新しい当主として期待を集めています。父親との長きにわたるワイン造りを通じて、ワイン哲学を受け継ぎ、自然と調和したワインを生み出しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

21日間の長期発酵。モスコーニの地区の畑のみ使用。バリックで36ヶ月熟成後1年間のボトル内熟成。

【コメント】

若いうちからでも、熟成してからでもおいしいワイン。開けたてはバリックの香りが強く、次第にほかの香りとのバランスが取れ、奥底のバローロらしい僅かな酸味と燻製の香りが現れます。味わいはボリューム感があり、タンニンは繊細で香りと絶妙に交じり合い、程よいニュアンスを醸し出します。


ネッビオーロ ダルバ ヴァルマッジオーレ

8022534317753
【生産者】ルチアーノ サンドローネ

大手ネゴシアンで長くセラーの仕事に従事した後、バローロの中心にあるカンヌビの畑を買うチャンスが突然訪れました。最初の収穫は1978年、初めて自ら造ったワインに感銘を覚えました。その後少しずつ畑が増え、毎年造り続けるうち、次第に認知されるようになりました。
ルチアーノと弟のルカは素晴らしいワインを造るために努力し続け、今日、この功績は世界中で認められ、毎年素晴らしい評価を得ています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレス・タンクでマセラシオン9~10日間、発酵28日間、500リットルのフレンチオーク古樽でMLF後、12ヶ月熟成、さらに9ヶ月瓶熟。

【コメント】

繊細で優美な味わいが特徴で、お花や小さいレッドベリー、ブラックベリー、ラズベリーの香りを感じます。かすかな樽のニュアンスが美しく溶け込み、ワインに複雑性を与え、豊潤でエレガントな味わいを楽しめます。