ランゲ ビアンコ 750 s.l.m.

76142
【生産者】プリンチピアーノ・フェルディナンド

プリンチピアーノは、1900年代初めから自分たちが所有する畑でブドウを造っていた家族です。1960年に現当主フェルディナンドの父アメリーコがカンティーナを設立。所有する畑はモンフォルテダルバ、セッラルンガダルバの優れた立地の区画でしたが、当初は造ったブドウをチェレット、プルノット、スカヴィーノ、アルターレなどの名門ワイナリーに売っていました。

1997年、フェルディナンドはブドウを売るのをやめ、100%自身のカンティーナでの醸造と瓶詰め、販売に切り替えます。1993年から指導を受けていたカヴィオラのもと、当時主流だったバローロボーイズの流れを受けたモダンな造りのワインで人気を博します。

バローロボーイズの一員としてモダンな造りを続けていたフェルディナンドですが、ワインを売るために世界各地に営業に回ることには消極的でした。ランゲ生まれの自分が何をすべきなのか、何をしたいのかを考えていた彼は、祖父のワイン造り(旧来の伝統的醸造方法)に戻ることが自分のやりたいことだと気付き、大胆な方向転換を行います。2004年にはロータリーファーメンターを売って大樽を購入。畑では化学的なものを排除したオーガニック栽培からビオディナミへと自然な造りへと転換していきます。

醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄します。2012年からは、最も重要な3haの畑ではボルドー液も硫黄も使用せず栽培しています。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行います。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行っていません。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

収穫時期は少し早めるようにして10月初旬から中旬。醸造はステンレスタンクのみ。

【コメント】

自然派バローロ「プリンチピアーノ フェルディナンド」が、「すっきりとしたクリアな白がイタリアでもできることを証明したい」と言う想いで造っている白ワイン。ワインの名前750メートルエスエルエムとは「海抜750メートル」と言う意味。ほんのりと甘い果実のアロマ。口に含むと綺麗な酸味がまず印象的。とんがったところはなく、果実のまろやかさが感じられます。時間とともに優美な甘さや旨みが現れ、最初の印象とは異なるとろりとした味も。全てが上品にまとまったバランスのいい味わいです。


ピッコロ デルトーナ

4560450077350
【生産者】ヴィニェーティ・マッサ

州南東部にあるトルトーナ丘陵地帯の土着品種ティモラッソ。ヴァルテル・マッサは約20年前から、実質的には見捨てられた存在だったティモラッソに注目します。この品種が素晴らしいワインを生み出すだろうことを信じて疑いませんでした。

ティモラッソのアロマを最大限に抽出するためさまざまな研究を重ね、最終的にシュール・リー製法を用いてステンレスタンクで長期熟成させることで、ティモラッソのポテンシャルを引き出すことに成功します。『コッリ・トルトネージ・ティモラッソ』が原産地呼称を得るのに15年の歳月を費やしましたが、その成果はワインを味わえばすぐにわかります。

また、彼がティモラッソと同じくらい情熱を傾けているのがバルベーラで、アルバ地区やアスティー地区とはまったく違う、酸がしっかりした土地をよく表現した繊細なバルベーラを造り出しています。ほかにもクロアティーナ、フレイザ、モスカートなどで洗練されたワインも生産しています。

【格付け・VT】
V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンクで低温発酵。8ヶ月の熟成させます。

【コメント】

火打ち石の香りに白桃のようなニュアンスが入ってくる可愛らしい味わいです。


ティモラッソ デルトーナ

4560450077367
【生産者】ヴィニェーティ・マッサ

州南東部にあるトルトーナ丘陵地帯の土着品種ティモラッソ。ヴァルテル・マッサは約20年前から、実質的には見捨てられた存在だったティモラッソに注目します。この品種が素晴らしいワインを生み出すだろうことを信じて疑いませんでした。

ティモラッソのアロマを最大限に抽出するためさまざまな研究を重ね、最終的にシュール・リー製法を用いてステンレスタンクで長期熟成させることで、ティモラッソのポテンシャルを引き出すことに成功します。『コッリ・トルトネージ・ティモラッソ』が原産地呼称を得るのに15年の歳月を費やしましたが、その成果はワインを味わえばすぐにわかります。

また、彼がティモラッソと同じくらい情熱を傾けているのがバルベーラで、アルバ地区やアスティー地区とはまったく違う、酸がしっかりした土地をよく表現した繊細なバルベーラを造り出しています。ほかにもクロアティーナ、フレイザ、モスカートなどで洗練されたワインも生産しています。

【格付け・VT】
V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

手収穫後、低温で1日おき、圧搾。48~60時間のみマセレーション。発酵はステンレスタンクで18度~23度の低温で行います。バトナージュしながら1年間熟成。粗い珪藻土のフォルター後、6ヶ月間瓶熟成させます。

【コメント】

所有しているモンレアーレ周辺の、ほぼ全ての畑の葡萄をアッサンブラージュするベーシック・キュヴェです。粘土、石灰、砂質など様々な土壌が混在しているので毎年バランスのとれた味わいに仕上がっています。


ティモラッソ コスタ デル ヴェント

8018917000251
【生産者】ヴィニェーティ・マッサ

州南東部にあるトルトーナ丘陵地帯の土着品種ティモラッソ。ヴァルテル・マッサは約20年前から、実質的には見捨てられた存在だったティモラッソに注目します。この品種が素晴らしいワインを生み出すだろうことを信じて疑いませんでした。

ティモラッソのアロマを最大限に抽出するためさまざまな研究を重ね、最終的にシュール・リー製法を用いてステンレスタンクで長期熟成させることで、ティモラッソのポテンシャルを引き出すことに成功します。『コッリ・トルトネージ・ティモラッソ』が原産地呼称を得るのに15年の歳月を費やしましたが、その成果はワインを味わえばすぐにわかります。

また、彼がティモラッソと同じくらい情熱を傾けているのがバルベーラで、アルバ地区やアスティー地区とはまったく違う、酸がしっかりした土地をよく表現した繊細なバルベーラを造り出しています。ほかにもクロアティーナ、フレイザ、モスカートなどで洗練されたワインも生産しています。

【格付け・VT】
V.D.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

西向きの畑。マール土壌で石灰が少なく重い土壌。日照量も多いので葡萄は完熟します。手収穫後、低温で1日おき、圧搾。48~60時間のみマセレーション。発酵はステンレスタンクで18~23度の低温で行います。バトナージュしながら1年間熟成。粗い珪藻土のフォルター後、6ヶ月間瓶熟成させます。

【コメント】

コスタ・デル・ヴェントという畑名は風の通る畑の意味です。果実感をよく感じられ、口中で甘みが広がります。


ピッコロ デルトーナ

0000000083669
【生産者】ボヴェリ・ジャコモ

ジャコモ・ボヴェリは17世紀末より先祖代々、こののどかな農村で葡萄栽培を続けてきた小規模生産者です。

オーナーでありワイン造りを一人で行うジャコモ氏は真面目で穏やかな人柄で、彼と話していると代々葡萄農家としてやってきた時間と誇りが感じられます。現在は妻のサラさんと一緒にワイナリーを切り盛りし、小さな一人息子もすでに葡萄畑の虜です。

ジャコモ氏のワイナリーではバルベーラやフレイザのようなピエモンテの赤葡萄と、ここ数年で注目を集める白葡萄ティモラッソを3つの畑で栽培しています。

【格付け・VT】
D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレス発酵。18度でアルコール発酵後、澱と一緒に5~6ヶ月寝かせ、瓶詰めします。

【コメント】

D.O.C.の規定よりも短期間で仕上げた若いティモラッソ。輝く緑がかった麦色、レモンやハーブのフレッシュな香りにスッキリとした酸を持ち、さっぱりとした口当たりです。