モンテリベロ スプマンテ ブリュット ハーフサイズ

55901
【生産者】ベッレンダ社

ヴェネツィアの北約60km、“ストラーダ・ディ・コッリ”(丘陵地の道)と呼ばれる地域にあるベッレンダ社。高品質なスプマンテとスティルワインを生産しています。
オーナーのコスモ一族は古くから自家消費用にワインを造っていましたが、1985年に高品質ワインを生み出そうと根本的な改革と設備投資がなされ、1987年に創業した新しいワイナリーです。次男の醸造家ルイジ・コスモは名門コネリアーノ醸造学校を卒業後カリフォルニアの複数のワイナリーで修業し、新しい知識と技術を持ち帰って、高品質ワインを生み出しています。特にプロセッコの上品さ、芳醇さは秀逸です。

【格付け・VT】

V.S.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

シャルマ方式

【コメント】

タンクの中でゆっくりと二次発酵されて造られたきめ細かな泡が、口の中でやわらかく広がっていく心地よさを感じます。フルーティーさもある爽やかな香りと合わさって、満足感いっぱい。きめ細かな泡の鎖が次々と連なっていく、明るく輝きのある淡い金色の外観。エレガントでやさしいフルーティーな香りにトーストのような香ばしいニュアンスも。そして細かな泡が口に広がる心地よい味わい。程よい酸味があって、爽やかな辛口。バランスの良い飲み心地で乾杯だけでなく、食事と一緒にゆっくり楽しむのにもぴったりです。


モンテベッロ スプマンテ ブリュット

4907853060815
【生産者】ベッレンダ社

ヴェネツィアの北約60km、“ストラーダ・ディ・コッリ”(丘陵地の道)と呼ばれる地域にあるベッレンダ社。高品質なスプマンテとスティルワインを生産しています。

オーナーのコスモ一族は古くから自家消費用にワインを造っていましたが、1985年に高品質ワインを生み出そうと根本的な改革と設備投資がなされ、1987年に創業した新しいワイナリーです。次男の醸造家ルイジ・コスモは名門コネリアーノ醸造学校を卒業後カリフォルニアの複数のワイナリーで修業し、新しい知識と技術を持ち帰って、高品質ワインを生み出しています。特にプロセッコの上品さ、芳醇さは秀逸です。

【格付け・VT】

V.S.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

除梗の後、ソフトプレスし、モストを18~20℃で発酵。澱引き後、タンクの中でゆっくり時間をかけて二次発酵させます。

【コメント】

タンクの中でゆっくりと二次発酵されて造られたきめ細かな泡が、口の中でやわらかく広がっていく心地よさを感じます。フルーティーさもある爽やかな香りと合わさって、満足感いっぱい。きめ細かな泡の鎖が次々と連なっていく、明るく輝きのある淡い金色の外観。エレガントでやさしいフルーティーな香りにトーストのような香ばしいニュアンスも。そして細かな泡が口に広がる心地よい味わい。程よい酸味があって、爽やかな辛口。バランスの良い飲み心地で乾杯だけでなく、食事と一緒にゆっくり楽しむのにもぴったりです。


シャルドネ ブリュット

8007155000765
【生産者】トッレゼッラ社

トッレゼッラ社は1984年ヴェネト州東部ポルト・グルアーロに創業しました。河川に運ばれ堆積したミネラルを多分に含む粘土質の肥沃な土壌であること、 また毎年天候に大きな変化がなく安定しているのが特徴です。この地域では高品質ワインの産出を実現した素晴らしいメーカーと認められており、 伝統的に栽培されるブドウの特徴を存分に表現したいと日々努力を重ねています。自然を敬い大切にすることを使命とし、 近年最新式の光起電性パネルを使用した太陽エネルギー・システムを導入。ワイナリーに必要な全てのエネルギーをまかなっています。

【格付け・VT】

I.G.T.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

シャルマ方式

【コメント】

きめ細やかな美しい気泡が美しく持続する。酸味と果実味のバランスが良く調和の取れた味わい。食前酒として、また前菜から通して様々なお料理に合わせられます。


カラリス スプマンテ ブリュット

8001235752001
【生産者】ドリアノーヴァ社

創業は1949年。州都カリアリ近郊の丘陵地、古くから優れたワイン造りが行われているパルテオーリャの地でサルデーニャ伝統のワイン造りを行っています。サルデーニャにおいて、ワイン愛好家たちがその品質と普遍性を評価する数々のワインを生み出しています。過去10年間で受賞した賞の数は100を超えており、1949年の創業から数えると、その数は500を超えています。

それぞれのボトルは、サルデーニャへの賛辞であり、カンノナウやモニカ、ヌラグスといった地品種に情熱を注いでいます。現在、創業70周年に向けた「ドリアノーヴァ2019」プロジェクトが始まっており、新たなイメージと新しいワイン造りに取り組んで、更なる発展を目指しています。

【格付け・VT】

I.G.T.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

乾燥した気候。パルテオッラ地方で、中新世土壌の混じった、中標高の丘で栽培された葡萄を使用。新鮮な果醪を清澄により分離させる。その後は培養酵母によりアルコール発酵(12℃で約2週間)を行う。発酵期間の最後に、ベースとなるワインを濾過し、オートクレーブ(圧力釜)にて二次発酵する(シャルマ方式)。

【コメント】

サルデーニャ島のスパークリングワイン。緑色がかった輝きのある麦わら色。溌剌とした泡立ちの爽やかな辛口。青リンゴの香り、ほのかに白い花やタイムの清涼感のある香りを感じます。生き生きとした果実味と酸味のバランスが良く、フルーティな心地よい余韻が残ります。


フェッラーリ マキシマム ブリュット

8007355006109
【生産者】フェッラーリ社

フェッラーリスプマンテは、発売以来世界各国に輸出されています。スプマンテ事業の参入がもっとも難しいとされるフランスでも愛飲されているきわめて稀なスプマンテで、さらにイタリアの大統領官邸をはじめ、国外のイタリア大使館の公式晩餐会の食卓でも必ずサーヴされるスプマンテでもあります。

創業は1902年。ジュリオ・フェッラーリがイタリアのトレンティーノで「メトッド・クラシコ」によるスプマンテを造りはじめたことに起源を発します。 ジュリオ・フェッラーリは「メトッド・クラシコ」で造るイタリアのスプマンテのパイオニアの一人であるだけでなく、フランスから持ち込んだシャルドネを用いて初めてスプマンテを造った生産者でした。1952年には現在のオーナーであるルネッリ・ファミリーに引き継がれています。

【格付け・VT】

D.O.C.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月中旬に手摘みにて収穫。温度管理されたステンレスタンクで自社培養酵母を使用し、12日間発酵(発酵温度20℃)。少なくとも36ヶ月間瓶内熟成。

【コメント】

淡い緑色の輝きを持つ麦わら色。きめ細かい豊かな泡立ち。熟したフルーツ、香ばしいパン、ヘーゼルナッツ、花の香り。ドライでエレガント、バランスのとれた味わい。シャルドネの典型的な味わいとバニラやイーストを感じさせるミディアムボディです。心地良い余韻が長く続きます。


フェッラーリ マキシマム ロゼ

8007355006178
【生産者】フェッラーリ社

フェッラーリスプマンテは、発売以来世界各国に輸出されています。スプマンテ事業の参入がもっとも難しいとされるフランスでも愛飲されているきわめて稀なスプマンテで、さらにイタリアの大統領官邸をはじめ、国外のイタリア大使館の公式晩餐会の食卓でも必ずサーヴされるスプマンテでもあります。

創業は1902年。ジュリオ・フェッラーリがイタリアのトレンティーノで「メトッド・クラシコ」によるスプマンテを造りはじめたことに起源を発します。 ジュリオ・フェッラーリは「メトッド・クラシコ」で造るイタリアのスプマンテのパイオニアの一人であるだけでなく、フランスから持ち込んだシャルドネを用いて初めてスプマンテを造った生産者でした。1952年には現在のオーナーであるルネッリ・ファミリーに引き継がれています。

【格付け・VT】

D.O.C.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月中旬に手摘みにて収穫。発酵はステンレスタンクを使用し、その後春までタンクで保存。その後瓶詰し瓶内二次発酵後熟成(最低36ヶ月間)。

【コメント】

オールド・ローズといわれるロゼカラー。赤すぐりや野いちごなどの果物や、フローラルな印象のあるエレガントで洗練されたブーケ。アーモンドを思わせる香ばしい後味がある、アロマティックで滑らかな口当たりのエレガントでドライな味わいのミディアムボディのロゼです。食前酒として、スモークサーモンなどの前菜、ハムやサラミ類とあわせるのがおすすめです。


ブラン ド ブラン マッツォリーノ ブリュット

0000000059176
【生産者】テヌータ・マッツォリーノ社

ミラノ近郊、オルトレ・ポーに位置するマッツォリーノは、イタリアを代表するワイナリーとしてその名が知られています。
美しいパヴィアの街と葡萄畑を見晴らすコルヴィーノの丘に19世紀のお屋敷を構えるテヌータ・マッツォリーノ。フランス家系のブラジョッティ家の当時の当主、エンリコ・ブラジョッティは、国を超えて散らばっている大家族が常に集まれる場所を求め、1980年にオルトレ・ポーで“マッツォリーノ(=出会いが生まれる舞台)”を意味するこの地にたどり着きました。
そこで家族が集うテーブルに美味しいワインが溢れるように、という思いでテヌータ・マッツォリーノを立ち上げます。

オルトレ・ポーD.O.C.は、ミラノから南に約30分、長い歴史の中でフランスと縁のある土地です。
そして古くからフランス由来の葡萄品種であるピノ・ネロやシャルドネが耕され、ミラノ人たちの食卓を潤わせ続けると同時に、隣のピエモンテがスプマンテの産地として発展してからは、ピエモンテにピノ・ネロを供給する産地としても位置づけられてきました。そうしたことからか、ピエモンテの更に田舎の風景を思い起こさせるオルトレ・ポーは、“Vecchio Piemonte(=古き良きピエモンテ)”とも呼ばれています。

【格付け・VT】

V.S.Q.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ソフトプレス後、18~20℃でアルコール発酵。一部樽を使う。その後アッサンブラージュし、36ヶ月瓶内熟成。

【コメント】

香ばしい高い香りとふくよかで余韻が長いスプマンテ。輝く黄金色。グレープフルーツや白い花、ビスケットの香ばしい香り。ほろ苦さと心地よい酸味、余韻が長く続きます。


フランチャコルタ キュヴェ プレステージ

8032727260209
【生産者】カ・デル・ボスコ社

カ・デル・ボスコ社はフランチャコルタのメッカであるロンバルディア州エルブスコにあります。客人を迎えるべく入口にそびえ立つ金色の巨大な門はイタリアの有名彫刻家ポモドーロの手による作品です。

フランチャコルタに370エーカーものブドウ畑を所有。ブドウ樹齢は平均40年。土壌の特徴別に小さく分けられた区画ごとに収穫されたブドウは、ワイナリーまで丁寧に運ばれ最新の技術をもって醸造されます。
一歩足を踏み入れるとその情熱と機能性に心動かされるでしょう。周辺の緑多い環境に溶け込むように設計された建物の中には最新の設備が整えられ、長年の経験により考案された「まったく酸素に触れることのない」「ポンプによるストレスを極限までで抑える」醸造法により、ワインとして生まれ変わります。施設の真ん中にそびえ立つ2基の巨大なタンクが、空中を上下しマストやワインが自重で流れるように調整しています。また石造りの地下バリック庫では温度と湿度が常に管理され、画期的なコルクのスキャニングシステムによりコルク臭のトラブルを極限にまで抑えています。
そして醸造の最終段階に及んだ時、ゆったりとした時の流れと熟練したセラーマンの愛情が、ワインを最高の仕上がりへと導いてくれるのです。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

約25ヶ月間の瓶内2次醗酵。

【コメント】

2008年より新しいノンヴィンテージとしてデビューしたキュヴェ・プレステージ。
今ではすっかりとカ・デル・ボスコの顔となりました。透明のボトルには紫外線を防ぎ、品質を保持するためすべてのためにオレンジ色のUVフィルムがかけられています。134の区画に及ぶ自社畑の厳選されたブドウだけを使用。ブドウは収穫ロットごとに醸造され最高のヴィンテージのリゼルヴァとアッサンブラージュされています。崇高な透明感、心地よいフレッシュ感と酸味が特徴です。


フランチャコルタ ブリュット

4560450036289
【生産者】ディチャセッテウノ社

デチャセッテウノ(1701)社は、2012年に始まった若い造り手。当主で醸造家の「フェデリコ」の理想は葡萄100%のフランチャコルタ。 培養酵母による醸造が当たり前のフランチャコルタで、唯一ビオディナミ認定を受けた実力派。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

南フランチャコルタ、カッザーゴ・サン・マルティーノは堆積土壌と石灰岩、砂質が交じり合う東西フランチャコルタの中間的土壌。ティラージュ後は最低30ヶ月間シュール・リーで熟成。通常のフランチャコルタの2倍の熟成期間を経てリリース。

【コメント】

果実のフレッシュさとミネラルがバランス良く融合するのが彼等のスタイル。繊細だが深みのある味わいを目指している。


フランチャコルタ ブラン ドゥ ブラン ブリュット

4933238077529
【生産者】カヴァッレッリ社

「カ デル ボスコ」、「ベッラヴィスタ」とともに“3大フランチャコルタ”と称される「カヴァッレーリ」。
オーナーのカヴァッレーリ家は1450年にエンブルスコに移り住み、この地を所有。ジョヴァンニ・カヴァッレーリ氏で18代目。600年にわたる歴史ある家系です。ジョヴァンニは元々金融会社の社長を務めていましたが1980年にワイン事業を継承(2005年没)。現在はその娘たちが経営に参加しています。

ぶどうはすべて自社畑で、発泡性の白は、すべてシャルドネのみというこだわりぶりです。ロゼのみピノ・ネーロをブレンドをしています。このことは、1967年のフランチャコルタDOCの認定時まで白や赤ワインはバルクで売り払われていたものの、古くはその地はワイン生産における重要な土地だったことを示すものです。フランチャコルタの認定の翌年である1968年からカヴァッレーリはボトリングしてのワイン生産を開始します。
父ジャンパオロと息子のジョヴァンニは1979年に初めて瓶内2次発酵のフランチャコルタ6000本を生産しました。現在発泡性フランチャコルタの生産量はおおよそ19万本と小規模です。

畑はシャルドネ(発泡酒用)が37ヘクタール、ピノ・ネーロ1.5ヘクタール、スティルワインではカベルネ、メルロー合わせて5ヘクタールの畑を所有。発泡用は8月に収穫、スティルワイン用は9月にぶどうを収穫しています。収穫したぶどうを厳選し、その日のうちにプレス。ファーストプレスのみを使用。大半はステンレスで第一次発酵を行ない古い大樽で発酵したものをノンヴィンテージのもので10%、コッレツィオーネで20%、サテンでは40%ブレンド。ルミアージュは手作業で行っています。ドサージュは少なめ。デゴルジュマンの時期を裏ラベルに記載しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.・NV(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

24ヶ月間の瓶内2次醗酵。

【コメント】

フランチャコルタらしい華やかさと果実味の甘やかさ。ナッツのニュアンスやより芳醇に感じられる完熟シャルドネの風味は格別です。特別な時間を彩る華やかなスパークリングワインです。