レンツェ ロッソ

0000000019989
【生産者】ヴァッレ・デッラッソ

1920年からプーリア州ガラティーナで70ha以上のブドウ畑を持ちながら、地域やイタリア国内を中心に、低価格のクオリティーワインを提供し続けてきた。環境への意識も高かった、故ルイージ・ヴァッローネ氏は、90年代から畑でのビオロジック栽培を導入し、2004年に認証も取得。そして2016年、同ガラティーナ地域のワイナリー、カンティーナ・フィオレンティーノと合併。カンティーナ・フィオレンティーノは、2014年に、ピエールアントニオ・フィオレンティーノ氏のおこしたワイナリー。企業へのエネルギー効率や、自然エネルギーの活用のコンサルタント会社を経営しているが、ワイナリー所有の夢は捨てきれなかった。

【格付け・VT】

I.G.T.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンクにて発酵させます。その後、タンク内で8ヶ月熟成、瓶内で5ヶ月間熟成後、出荷されます。

【コメント】

ルビーレッドの色調。ベリー系フルーツの香りのなかにタバコのアロマが感じられます。しっかりしたブドウの味わい。まろやかでフルーティ、長い余韻があります。非常にコストパフォーマンスに優れた赤ワインです。


モンフェッラート イル バチャレ

4516254002005
【生産者】ジャコモ・ブライダ

創業者のジャコモ・ボローニャ氏はあらゆる面において非凡な人物でありました。幸せを生活の理念とし、多くの人に愛され、機知に富んだエンターテイナーであると同時に天才的な感性を持った醸造家でもありました。ブライダのあるピエモンテ州ロッケッタ・ターナロの丘で多く生産されているバルベーラ種は“酸味が強い”と敬遠され安売りされがちなブドウ品種でしたが、そのバルベーラを畑の改良やバリック熟成の導入などの改革によって濃厚なワインに生まれ変わると信じ現実に導いたのがジャコモ氏でありました。他界した彼のワイン造りへの意思と情熱は息子ジュゼッペ、娘ラッファエッラによって受け継がれ、ブライダへの敬意と信頼、そして人気は世界中で揺るぎのないものとなっています。

【格付け・VT】
D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

大樽とオークのバリックで12ヶ月間、瓶内で6ヶ月間

【コメント】

輝く濃いルビー色。ベリー系の香りが特徴的な華やかな香り。エレガントで複雑。“IL BACIALE”とはピエモンテ方言で婚約や結婚の仲介人という意味。


モンフェッラート ロッソ アルテレーゴ

8026143000655
【生産者】コッポ

ピエモンテのワインの歴史と共に歩んできた名門コッポ家。コッポ社は、1892年ピエロ・コッポ氏によって創立。モンフェラートのカネッリに醸造施設とセラーを構える家族経営のワイナリーです。カネッリは、20世紀初頭より甘口のスプマンテ、モスカートダスティの産地としてまたイタリアにおける瓶内二次発酵の発祥の地として知られ、コッポ社の歴史もまたモスカートからスタートします。その後辛口のスプマンテへと商品の幅を広げ、2代目のルイジにより、ついには赤ワイン造りに着手。それまで安価なハウスワインとして知られていたバルベーラ・ダスティに可能性見出し、長期熟成に耐えうるクオリティーワインとしてのバルベーラ作りをスタートさせました。

【格付け・VT】
D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

バリックで12ヶ月

【コメント】

ガーネット色でわずかに明るいエッジ。赤い果実、梅、クランベリー、チョコレートを感じさせる。新鮮な果物と絶妙なトーストの香りが心地よく、ジューシーでバランスのとれた味わい。