ランゲ アルネイズ

8023587183753
【生産者】カンティーネ・ダミラノ

ダミラノ社はバローロの中でも100年以上の歴史を持つ伝統的なワイナリー。1890年にラ・モッラ村とバローロ村の境に、ジュゼッペ・ボルゴーニョによって創立されました。創立当初の名前は、『ボルゴーニョ』という名前でしたが、1935年にジュゼッペ・ボルゴーニョの義理の息子である、ジャコモ・ダミラノがワイナリーを引き継ぎ、その際に、親戚のボルゴーニョ社と混乱しやすかった事もあり、ダミラノへとワイナリーの名前を変え、新たな歴史を刻むことになりました。

1997年に、パオロ、マリオ、グイドの3兄弟に引き継がれた際、著名醸造家であるジュゼッペ・カヴィオラ氏を醸造コンサルタントに迎え、さらに名声を高める事に成功。2001年にはラ・モッラ村にミシュラン一つ星のリストランテ『マッシモ・カミア』の経営を開始し、伝統的なピエモンテ料理とダミラノのバローロコレクション(豊富なバックヴィンテージ)とを楽しむ事ができるようになっています。

長い歴史がある事の強みは、何といっても多くの優れた畑、区画を所有している事。ダミラノ社は、チェレクイオ(ラ・モッラ村)、ブルナーテ(ラ・モッラ村)、カンヌービ(バローロ村)、リステ(バローロ村)ブッシア(モンフォルテ・ダルバ村)と言った、同業の生産者も羨むほどの畑、それも良い区画を所有しています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

粘土質、石灰質、砂質の様々な土壌の畑で育つ葡萄をブレンドする事で、味わいに複雑味を持たせます。

【コメント】

白い花、白桃などフレッシュな香り。控え目の酸味と果実味が豊かな辛口。


ランゲ アルネイズ

32780
【生産者】バラーレ・フラテッリ

1870年にフランチェスコ・バラーレにより創業。新しいスタイル(現在では古典派)のバローロのパイオニアの一人として100年以上続くワイナリーの礎を築きました。現在は、フランチェスコの孫に当たるセルジョ バラーレと彼の娘たちエレオノーラ、グロリアに、その仕事と伝統が引き継がれています。

オフィスは、バローロの街の中心にある宮殿に構えられ、その隣の地下にはカーブがあります。伝統と技術に裏打ちされたワインは、クラシックなスタイルのバローロとして高い評価を得ています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ソフトプレスにて圧搾。16度でステンレスタンクで30日かけて発酵。

【コメント】

色は緑がかった藁色。フレッシュで爽やかな果実味と、伸びのある酸味が心地よいボリューム感と共に広がりを見せます。


ロエロ アルネイズ

8030198002595
【生産者】ヴィエッティ

ピエモンテ州クーネオ県カスティリオーネ・ファレットにあるヴィエッティ。その歴史は4世代前にまで遡り、初代カルロ・ヴィエッテイが19世紀の中頃にワインの醸造を始めました。

ファミリーネームをブランド名にしたのは20世紀の初頭のこと。初めにMario Vietti(マリオ・ヴィエッティ)が、それに続いてLuciana Vietti (ルチアーナ・ヴィエッティ)の夫であるAlfredo Currado(アルフレド・クッラド)が、自らのワイン畑とブドウを購入して品質の高いワインを造り続けてきました。

そして、ヴィエッティはこの地域においてトップレベルのワイナリーへと成長。アメリカ市場に生産したワインを輸出した最初のワイナリーの一つとなりました。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンクにてアルコール発酵。酸度を保つためマロラクティック発酵は行わず、ステンレスタンクにて熟成。

【コメント】

消滅しかけていたアルネイス種を改めて見い出し、単一品種で醸造。「アルネイスの父」とも呼ばれるヴィエッティが造るアルネイス100%のワインです。輝きを帯びた麦わら色、白い花の香り、柑橘類やメロンを思わせるアロマにかすかなアーモンドの味わいを感じさせます。辛口で生き生きとした酸とバランスの取れた果実味が口中に広がり、余韻も長く楽しめます。軽めの前菜、サラダ、シーフードや軽めのスープ、またシンプルに味付けした仔牛や豚肉、鶏肉料理がおすすめです。


ロエロ アルネイス

0000000086172
【生産者】ジャコモ・グリマルディ

現当主のフェルッチョ・グリマルディの祖父がバローロ村に1930年に取得した畑を受け継ぎ、ワイン造りを行っている。しかし、自社元詰の初ヴィンテージは1996年と、バローロの生産者としては比較的新しい造り手となる。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

ステンレスタンク7ヶ月。

【コメント】
ピーチの熟した香りと品種特有のほのかなアーモンドの香り。柔らかい果実にまるで赤リンゴをかじっているかのようなフレーヴァーが余韻に上がってくる。土壌由来の塩味、緊張感のあるミネラルが後半しっかりと感じられる。

ビアンコ ネ?

0000000042420
【生産者】プンセット

1987年、バルバレスコで最初にビオロジック認証を得たワイナリー。初の自社瓶詰めは1964年。現在のオーナーであるマリーナ・マルカリーノは、頭脳明晰で、ランゲ地方の女性・栽培醸造責任者の先駆の一人でもある。バルバレスコ以外にも、鮮明でクリスピーな酸を持つランゲ・アルネイス、ふくよかな丸みと明るく伸びやかな果実味が印象的なバルベーラ・ダルバも、長いビオロジックの歴史が育んだ土壌の健全さをしみじみと感じさせる味わい。さらに、エントリー・ラインとなるランゲ・ビアンコDOC ネ?( Ne?)も見逃せない出来映え。シャルドネ80%、アルネイス、コルテーゼなどの土着品種20%で、リンゴと白い花のニュアンスがあり、食中以外にアペリティーヴォにも好適。この“ Ne?”という名前はピエモンテ方言で、肯定的な断定や、その内容を強調する意味を持つ。同ワイナリーはビオロジック・ワインの啓蒙組織である「イタリアン・オーガニック・ワイン・ルート」にも所属する。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月の上旬に手作業で収穫されたブドウは、圧搾されるまで最上の状態で保管できるよう、穴をあけられた小箱に入れられます。やわらかい圧搾によって得られたモストは、4℃下で、重力を用いた方法で清澄されます。得られたきれいなマストは、およそ17℃に保たれながら発酵が進みます。その後短期間休ませてから、ビン詰めと出荷が行われます。

【コメント】
果実味に富み、香りはバナナ、洋ナシ、リンゴ等に豊かさを添える花のニュアンス。果実とハチミツの優美さやブドウ品種に特有の軽い酸のニュアンスを穏やかに感じさせてくれます。ラベルとネーミングのインパクトとは裏腹に、食事に寄り添うワインです。

ランゲ アルネイス

8011510003940
【生産者】エリオ・フィリッピーノ

世界遺産の地ランゲ丘陵のタナロ川右岸のネイヴェ村セッラ・カペッリに、1900年代初頭に祖父のエヴァリストが葡萄園を購入し葡萄栽培を始めました。1968年に父ドメニコが自らのワインの生産を開始し、伝統的な手法を尊重した造りを行ってきました。若くして後を継いだ現当主のエリオはその意思と手法を踏襲しながら、これからも継続可能な農法への回帰を図っています。

【格付け・VT】

D.O.C.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

9月初旬に手摘みされたブドウは繊細にプレスされ、除梗されます。果汁は、18~20℃に温度制御されたスチールタンクで約20日間発酵。発酵後も瓶詰めされるまでステンレス製タンクで保管されます。

【コメント】

香りはフレッシュでフルーティー、桃やカモミールなどのニュアンス、しっかりとした骨格、ミネラル感が感じられます。


ロエロ アルネイス

4997678120832
【生産者】ブルーノ・ジャコーザ

ピエモンテ・ランゲ地区で、14歳から祖父の指導のもとワイン造りを始めたブルーノ・ジャコーザ氏は、父マリオ氏のブドウ売買仲介業を継ぎワイン造りを拡大。そして1961年、自身の名を冠したブランドをリリースしました。彼は、ブレンドが伝統とされていたピエモンテで、各畑の個性を表現した単一畑キュヴェを他の生産者に先駆けてリリースしました。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

発酵はステンレスタンクで約15日間、27-28℃で醸します。その後ステンレスタンクでマロラティック発酵します。熟成はオーク樽で13カ月、(110HL)/ステンレスタンクにて2カ月熟成(清澄)します。

【コメント】

完熟した赤いチェリー、微かにローズと白胡椒、透明感のある柔和な酸と極細かく洗練されタンニン。気品のあるワインです。/div>


ロエロ アルネイス

8022467103058
【生産者】マリオ・コスタ

クーネオ県カナーレにあるマリオ・コスタは、現オーナー兄弟であるジュゼッペ氏(主に栽培など畑の仕事を担当)とルカ氏(主に醸造などの仕事)が代々受け継がれてきたロエロの伝統を守りながら更なるこの土地の可能性を信じて素晴らしいワインを生産しています。

1952年、曾祖父のセバスティアーノ氏が所有していた畑を引き継ぎ、2代目の祖父ジュゼッペ・コスタ氏がワイナリーを設立。その後1976年には父であるマリオ氏が入社し、ワイン畑を広げるなどして貢献しました。

2008年にはマリオの長男ジュゼッペが加わり、主に栽培など畑仕事を担当するように。2010年にはアルバの醸造大学で学んだ次男のルカがワイナリーに戻り醸造を担当。新たな革新が始まりました。

所有する畑は、最北西に位置する劇場型の畑ペチェット(ピエモンテの方言でダンピセ)、パレーレ、レネージオ モントローネ、モリナルドの素晴らしい区画です。栽培される品種はアルネイズ、バルベーラ、ネッビオーロ、ファボリータ、ロエロ地区で唯一のヴィオニエを栽培し、桃園も所有しています。

剪定、収穫とそのほどんどを手作業で行い、畑は減農薬農法を取り入れ、酸化防止剤なども最小限に、電力はソーラーパネルでほとんどを賄うなど、環境にも配慮しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

標高290m~320mの南東向きの畑。ブドウは9月初旬から中旬にかけて手作業にて収穫。その後ソフトプレスで搾汁。 発酵はセレクトされた酵母にて16°Cで温度管理をしながらステンレスタンクで20〜25日発酵。その後、バトナージュをしながらステンレスタンクで6〜7か月間熟成。

【コメント】

※※※


ロエロ アルネイス

4560450083597
【生産者】フィリッポ・ガッリーノ
ガッリーノは地元人に愛される家族経営の小規模ワイナリーです。

ワイナリーの名前にもなっているフィリッポはロエロの近年のワインの向上に努めてきた中心人物の一人。1972年にはステンレスタンクを導入し、ドライタイプのアルネイスをリリース。また赤ブドウでは94年、友人であったマッテオ・コレッジャの助言によりエリアで初めて小樽による熟成ワインを作り始めるなど、彼の情熱がワイナリーを大きく飛躍させました。

ガッリーノ家では収穫の時期になると、3代の家族全員が総出で仕事に取り掛かります。そうして出来上がる彼らのワインは、ロエロならではの砂質が生み出す柔らかで香り高いフルーティーなワイン。飾り気がなく土着的で、温かみあふれる味わいです。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

空気圧プレスで破搾し、モストから皮を除去してステンレスで発酵させます。

【コメント】

1972年から作られる、果実味豊かでフルーティーなアルネイス。レモン、ハーブ、セージ、蜂蜜。高い酸とミネラル由来の旨み。バランスが取れ、余韻も長く、強い風味を持ちます。
 


ロエロ アルネイス メトード クラッシコ フォー ユー

8032825720261
【生産者】デマリエ

3世代にわたって、ロエロの中心ヴェッツァ・ダルバで、ワイン醸造に携わっているデマリエ一家。

その他、ラモッラの一部(バローロ用ネッビオーロを栽培)や、ネーヴェにも畑を借り、開墾、栽培、醸造までを行っています。パッチワークのように点在する多様な土壌(砂質浸潤土壌、石灰性堆積土壌、石灰粘土質、海洋性土壌、雲母岩など)を活かし、地場品種6種のみを、それぞれの品種やワインに適した地域・土壌で栽培し、ワインを生産しています。

化学肥料・農薬は不使用。2013年に新設した現カンティーナは、ソーラーパネル、ブドウの樹を再利用した バイオマスボイラー、下水処理システムを配備し、エネルギー節約設備として、A+を取得しています。

【格付け・VT】

D.O.C.G.(最新のヴィンテージをお届けいたします。※ヴィンテージのご確認はお問合せください)

【醸造方法】

アルネイスの収穫が良い年のみ生産。動瓶(ルミアージュ)は手回しで行います。

【コメント】

淡い麦わら色。チリチリと細やかな泡。瓶内二次発酵特有のトースト香に白い華、アーモンド・アプリコットの香り。ハニーのニュアンスにナッティでアプリコット、白桃など、アルネイスの果実感を保ちつつドライな味わいです。